スペシャリストの紹介このページを印刷する - スペシャリストの紹介

スペシャリストの紹介

医療安全管理係長 医療安全といえば、『ミス』『事故』といったマイナスイメージで捉われやすい部門ですが、医療安全に対する研修の企画・運営やシステムの見直し等を行い、患者さんの安全を守るとともに、職員が安心して仕事ができるように支援しています。
教育担当係長 職員の教育に関する業務を担っています。キャリアアップを目指し、当院の看護理念・教育理念に基づき教育プログラムを計画しています。看護部教育委員会を中心に国立病院機構のACTyナースを基盤として、看護師一人ひとりが能力向上につなげられるよう支援に努めています。
がん看護専門看護師 がん患者さんやご家族、病院内外の方々の相談や緩和ケア普及に関する活動に従事しています。緩和ケアチーム活動を通して、患者さん・ご家族の意思決定支援、苦痛緩和の援助、様々な問題の調整など他の医療従事者と協働しています。
認定看護師 感染管理 感染対策チームの一員として他職種とともに、感染のリスクを最小限にし、病院に関わる全ての人々を感染から守ることを目的に活動しています。主に、研修やラウンドでの現場教育活動、感染予防に力を入れています。
皮膚・排泄ケア 皮膚・排泄ケア認定看護師は、ストーマ・創傷・失禁を通して患者さんとご家族のケアを行い、QOLの向上に努めていくことが重要な役割です。何かお困りのことがありましたらご相談ください。
がん性疼痛看護 痛みは、身体的な苦痛だけではなく、心理面や社会性にも大きな影響を及ぼします。緩和ケアチームの一員として、患者さん・ご家族のつらさに寄り添い、QOLの向上につながるペインマネジメントを目指して活動しています。
緩和ケア がんと診断を受けた患者・家族の全人的苦痛の緩和やその人らしい生活を支援し、患者・家族・院内看護スタッフとともに寄り添いながらQOL(生活の質)の向上をサポートしていきます。
がん化学療法看護 安全な抗がん剤投与のために、抗がん剤の取り扱いや管理、副作用のケアに努めています。それぞれの患者さんに応じた日常生活の工夫や、副作用対策などの生活相談に応じ、その人らしく生活できるよう支援していきます。
がん放射線療法看護 放射線療法の治療過程に生じる患者の身体・心理・社会的問題の解決を支援し、長期にわたる治療を、安全に完遂することを目的に、水準の高い専門的看護を提供しています。
新生児集中ケア 急性期にあるハイリスク新生児の急激な変化を予測し、予防的観点から働きかけ、発達の促進、個別的なケアを行います。スタッフと協力し『障害なき生存』を目標に、子供たちやご家族に温もりのある漢語が提供できるよう頑張ります。
集中ケア 救命救急センター集中治療室(ICU)で患者の看護をしています。私の役割は、危機的状況にある患者の家族への援助も含めつつ、侵襲を受けた生体反応を判断し、障害の程度を最小限におさえ早期回復のためのケアを行います。
救急看護 救急看護の対象は、危機状況にあるあらゆるライフステージの患者さんや家族です。私たちは救命救急センターで勤務し、患者さんの観察やケアを実践しています。また院内外において救急蘇生などの指導を行っています。
糖尿病看護 糖尿病の患者さんが、その人らしい療養行動を継続できるように、チーム一丸となって療養支援をいたします。平成25年7月より、フットケア外来を開設し、足のケアや療養相談を行っています。その他にも、平日毎日行っている糖尿病教室、年に1回行っている健康教室などを通して糖尿病の知識の提供も行っています。
手術看護 手術を受ける患者さんが、安全で安心な最良の医療が受けられるように環境を整え、専門的な知識と技術を持ち、周術期看護を提供していきます。また、多職種との連携を深め、現場教育にも取り組みます。
フライトナース 当院の教育プログラムで資格を取得し、救急現場でフライトドクターと一緒に初療にあたっています。
要請から離陸まで5分が目安です。迅速で的確な診療ができるようクルーが一丸となって活動しています。
診療看護師(JNP) 平成26年4月よりクリティカル領域とプライマリ領域のJNPが誕生しました。診療の補助における特定行為を行い、チーム医療を推進し、良質で適切な医療を安全かつ効率的に提供します。