病院指標(R2年度)このページを印刷する - 病院指標(R2年度)

令和2年度病院指標

退院患者調査等のデータ(DPCデータ)を活用し、病院自らが患者さんや地域住民に対して積極的に自施設の診療に関する情報を提供し、診療内容の透明化等に努めていくことを目的に、 平成28年度から全国のDPC病院において、全国統一の定義と形式に基づき公開しています。

現在公開している病院指標は、令和2年度(令和2年4月1日~令和3年3月31日)に当院を退院された患者さんの診療情報を対象としています。なお、DPC対象外となる患者さんの情報は含まれておりません。

また、症例数が10症例未満となる場合は「-」(ハイフン)で表示されています。

集計項目

令和2年度 独立行政法人国立病院機構長崎医療センター 病院指標
 


■ 年齢階級別退院患者数 ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 960 322 366 613 796 1344 2327 3261 1940 366
令和2年度(2020年度)中に当院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計しています。
退院患者の年齢構成を見るとその病院の特徴がある程度把握することができると言われています。当院は救急医療、がん医療、周産期医療、肝疾患を中心とした高度医療を提供しています。年齢構成の特徴として、0歳代の患者が比較的多いことです。これは当院が長崎県の総合周産期母子医療センターとして周産期医療に力を入れている結果、新生児 (0歳) が比較的多く入院していることを表しています。

■ 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード

内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 54 14.30 13.00 31.48% 74.41  
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 50 14.74 15.28 6.00% 60.84  
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 45 17.04 20.51 51.11% 82.98  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 24 2.50 3.81 8.33% 39.29  
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 23 17.96 17.23 47.83% 84.83  
当科ではCommon diseaseを中心に診療を行っています。疾患群としては尿路感染症・めまい症などの前庭機能障害・誤嚥性肺炎・ウイルス性腸炎等が中心となっております。自己免疫疾患については当院の膠原病専門内科の医師達と一緒に受け持っております。専門医がより特化した診療に専念頂けるように協力しながら、様々な疾患に対応できる総合診療科・総合内科医を目指して診療を行っています。超高齢化社会を反映して、誤嚥性肺炎など転院が必要な患者の対応など、地域と連携した診療も行っています。
 
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり 53 34.04 38.35 1.89% 67.25  
130030xx97x50x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 5あり 定義副傷病 なし 53 27.04 31.90 11.32% 68.08  
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 5あり 46 18.93 20.27 2.17% 68.26  
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等2 3あり 35 24.60 30.79 14.29% 68.54  
130030xx99x4xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 32 9.34 11.14 6.25% 78.34  
血液内科では、血液疾患全般の診療を行っています。白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫の造血器悪性腫瘍が多くを占めており、薬物療法(抗がん剤治療)を主体として、標準的かつ高度な血液診療を提供します。移植については、自家末梢血幹細胞移植を当院で実施しています。病棟に10室の無菌治療室を有し、厳重な無菌管理を必要とする急性白血病に対する寛解導入、移植療法、抗がん剤大量療法等を適切な安全管理のもと実施しています。
 
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 84 11.29 11.40 3.57% 60.05  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 12.38 8.15 1.89% 68.98  
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2 なし 49 4.45 4.51 0.00% 73.14  
110280xx9902xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 23 9.83 8.90 0.00% 65.04  
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 23 17.09 14.01 4.35% 67.00  
糖尿病や高血圧、糸球体腎炎・ネフローゼ症候群、膠原病などによる慢性腎臓病を主に診療しています。慢性腎臓病の腎不全への進行抑制のための治療を行いながら、慢性腎臓病が進行することで生じる心血管疾患のリスク軽減に努め、最善な医療を提供できるよう心がけています。末期腎不全に至り血液透析が近い将来に必要になる場合には、あらかじめ事前に内シャント手術を行っておき、身体に負担の少ない段階的な透析導入を行うようにしています。その他の腎代替療法である腹膜透析や腎移植に関しても、安全でスムーズな導入と管理に努めています。腎炎やネフローゼ症候群に対しては、原因精査のための腎生検を行い、病理診断に基づいた治療を行っています。
 
内分泌・代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり 37 9.76 14.60 0.00% 60.46 パス1
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 なし - - 11.26 - - パス1
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 13.33 - -  
100202xxxxxxxx その他の副腎皮質機能低下症 - - 10.53 - -  
10006xxxxxx1xx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2 1あり - - 13.57 - -  
内分泌代謝疾患を全般的に診療しています。
糖尿病:糖尿病療養支援入院パスの運用をしています。必要であれば早期にインスリン導入を行い、その後は病態に応じて経口血糖降下薬やGLP-1受容体作動薬への変更を検討していきます。
甲状腺:甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症の診断や治療、甲状腺腫瘍の穿刺吸引細胞診による診断や治療を行っています。
副腎:副腎偶発腫、原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫の診断や治療を行っています。
下垂体:下垂体機能低下症、クッシング病、先端巨大症、中枢性尿崩症などの診断や治療を行っています。
 
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 82 4.00 3.39 2.44% 71.79  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 70 19.37 18.61 12.86% 73.21  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 70 11.94 9.42 7.14% 69.11  
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 あり 45 20.96 15.61 2.22% 67.24  
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 35 10.77 13.30 25.71% 75.80  
肺がん、肺炎、間質性肺炎が診療している主な疾患です。肺がんは、抗がん剤治療や放射線治療を行っています。
肺炎を含めた呼吸器感染症については、感染症を専門とする呼吸器内科医と内科医師 (総合診療科医師)、感染管理看護師、薬剤師、臨床検査技師等の多職種で感染症チームを構築し、治療・相談や院内における感染症発症防止に取り組んでいます。
 
肝臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 154 12.93 9.53 5.19% 72.03 パス4
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) その他の手術あり 手術・処置等2 なし 87 9.95 10.70 2.30% 76.03 パス2
パス3
060050xx99000x 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 52 9.29 8.65 17.31% 73.42  
060340xx99x0xx 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2 なし 45 12.69 9.76 6.67% 75.33  
060300xx97100x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。) その他の手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 11.28 12.23 2.33% 64.14  
肝がん、肝炎等の肝疾患のみならず、膵癌、胆管癌、胆嚢結石・胆管結石等の胆膵疾患に対する内科的治療も行っています。特に最近では、高齢化に伴い、膵癌、胆管癌等の悪性腫瘍や、総胆管結石による胆嚢炎、胆管炎の患者さんも増加しています。また、当院は長崎県の肝疾患診療連携拠点病院として、肝疾患ネットワークの中心的な役割を担っており、肝臓内科はその中心的な診療科です。
 
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 123 3.35 2.66 0.81% 65.52 パス5
060020xx99x0xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 92 4.22 10.73 2.17% 71.99  
060035xx99x0xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 74 4.04 8.33 5.41% 68.99  
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 54 8.70 8.11 3.70% 74.04  
060035xx04xx0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病 なし 32 6.06 4.10 6.25% 71.59  
消化管腫瘍 (癌・ポリープ等)、消化管救急疾患 (出血性消化管疾患、イレウス等)、炎症性疾患 (クローン病、潰瘍性大腸炎等) が診療している主な疾患です。内視鏡を用いた診断・治療、さらには抗がん剤療法を重点的に行っています。
 
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 181 3.12 3.07 0.00% 68.52 パス6
パス7
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 150 5.35 4.44 2.00% 70.81 パス8
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2 なし 90 6.08 4.95 0.00% 61.40  
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 46 15.87 17.23 17.39% 82.07  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 13.63 10.56 13.33% 80.20  
当院は日本循環器学会認定循環器専門医研修施設で、2020年はコロナ禍の緊急事態宣言下でも循環器内科医師が常時on-call状態で待機しており、24時間心臓カテーテル検査や急性心不全の治療を行っています。主な治療は冠動脈形成術(ステント留置術)、不整脈疾患に対するカテーテルアブレーションで、2021年は従来の高周波アブレーションに比較して、低侵襲で手技時間の短縮かつ従来の高周波アブレーションと同等の効果が得られるクライオアブレーションの導入を行います。また高齢化に伴い日本全体で心不全患者が増加し、重症心不全患者さんには内服強化療法と心臓リハビリテーションさらに両室同期ペーシング治療や和温療法を行っています。和温療法は難治性心不全患者さんだけではなく、血管障害による難治性の下肢虚血の患者さんやリウマチ性多発筋痛症の患者にも有効です。ここ数年下肢閉塞性動脈硬化症に対する血管形成術(EVT)にも力を入れています。
 
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 10.98 7.48 18.60% 64.33  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 42 17.40 15.64 42.86% 72.98  
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 21 22.10 15.54 38.10% 69.86  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 16 7.25 6.36 6.25% 67.00  
010155xxxxx2xx 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2 2あり 16 13.75 16.14 56.25% 72.88  
脳梗塞などの脳卒中関連疾患、てんかん、神経系の感染症が診療している主な疾患です。 特に脳卒中に関しては、県央地域を中心としNMC-SHOT (長崎医療センター脳卒中ホットライン) という治療システムを構築し、救急科・脳神経外科・放射線科・臨床検査科等と連携し、発症から少しでも早い専門的治療が行えるような体制をとっています。その結果、超急性期脳梗塞症例に対する経静脈的血栓溶解療法や脳血管内治療による血栓回収療法を行う症例が多くなっています。
 
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 119 3.37 7.48 0.00% 7.45  
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 72 4.88 6.13 5.56% 0.00  
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 55 9.47 11.19 3.64% 0.00  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 44 6.27 6.47 2.27% 1.45  
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 3.57 5.86 0.00% 3.63  
小児科は地域の中核病院として、人工呼吸管理が必要な重症児、腸重積の整復を含めた小児疾患に24時間、365日対応しています。医療的ケアが必要なお子さんについても在宅、かかりつけ医の先生方、訪問看護ステーションのスタッフのみなさんと連携し、急変時の対応を行っています。また、感染性や病原性の強い疾患を鑑別するためマルチプレックスPCR検査法を導入して、病原体に応じた呼吸器疾患の管理・治療も開始しました。
専門医療としては新生児領域・てんかん領域・循環器領域を3本柱として診療を行っています。新生児領域では長崎県総合周産期母子医療センターとしてNICU9床を含む30床の未熟児病棟を有し、出生体重1,500g未満の極低出生体重児、1,000g未満の超低出生体重児の集中治療も行っています。さらに低酸素脳症に対する脳低温療法や新生児遷延性肺高血圧症に対する一酸化窒素吸入療法などの高度集中治療も行っています。一方で当院は「赤ちゃんにやさしい病院」として、NICU入院中から母乳育児支援をはじめとしたファミリーセンタードケアにも力を入れています。病気が疑われる胎児についても産婦人科、外科、小児科など関連診療科が協力して周産期管理から退院まで管理を行っています。てんかん診療についてはてんかん支援拠点病院として、脳外科てんかん専門医とチーム医療を行い、長崎県のみならず全国からの症例に対応しています。小児循環器領域では県内の7-8割の心臓カテーテル検査を行っています。
 
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 51 4.65 4.86 0.00% 66.14  
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 7.24 7.23 2.17% 60.74 パス15
060020xx02xxxx 胃の悪性腫瘍 胃切除術等 40 14.15 19.04 - 70.20  
060150xx02xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴う等虫 38 9.00 9.76 - 39.76  
060160x101xxxx 鼠径ヘルニア 15歳未満 鼠径ヘルニア手術等 36 2.83 2.79 - 3.47  
肝臓・胆道・膵疾患、消化管 (食道・胃・大腸) 疾患の専門的外科治療を行っています。 肝細胞癌の治療は外科的切除、ラジオ波焼灼・アルコール注入、血管造影による治療等多岐にわたります。外科・肝臓内科・放射線科が合同チームを構築し、個々の患者さんに最適、最良の治療を提供しています。食道疾患では、食道癌を中心に、食道アカラシア、逆流性食道炎等の外科的治療を行っています。食道癌に対しては、拡大内視鏡・超音波内視鏡・各種画像診断を駆使し病変の進行度 (病期) を正確に診断し、放射線科・消化器内科との合同チームで、患者さん一人一人に適した治療法を決定します。胃の早期癌では、拡大内視鏡・超音波内視鏡などにより病期を正確に診断し、消化器内科・放射線科と合同で、個々の患者さんに最適の治療法を決定し実施しています。内視鏡治療の適応とならない病変に対して、腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。胃粘膜下腫瘍に対しては、鏡視下胃局所切除や腹腔鏡・内視鏡合同手術を行います。大腸癌の外科的切除では、腹腔鏡手術を中心とした低侵襲かつ精度の高い手術で、高い根治性と機能温存を目指しています。

乳腺外科・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1 なし 79 7.99 10.30 0.00% 61.46  
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 48 3.17 4.15 0.00% 58.50 パス9
パス10
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 43 5.56 6.02 0.00% 60.58  
100140xx97xxxx 甲状腺機能亢進症 手術あり 11 7.00 9.36 - 41.63  
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術等 処置1なし 10 6.00 8.50 - 46.60 パス11
パス12
乳腺、甲状腺、副甲状腺の専門的治療を行っています。乳癌治療は年々進歩しており、乳癌の性格によって治療法が異なります。治療法は、手術だけでなく化学療法、ホルモン療法、分子標的治療、放射線治療など多岐にわたります。また、甲状腺良性腫瘍やリンパ節転移のない甲状腺癌に対し、内視鏡補助下甲状腺手術を行なうことができます。がん治療学会専門医、乳癌学会専門医、放射線治療専門医、がん薬物療法認定薬剤師、がん化学療法看護認定看護師、がん放射線認定看護師、緩和ケア認定看護師のほか、がん病態栄養専門管理栄養士などの専門性をもった多職種で患者に寄り添ったケアをしています。当科の診療につきましては、紹介ホームページがございますので、こちらも併せてご参考ください。
 
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 80 9.29 10.83 41.25% 69.95 パス17
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.08 - -  
040040xx97x01x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 17.82 - -  
040040xx97x4xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 4あり - - 21.86 - -  
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 29.23 - -  
040150xx99x0xx 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術なし 手術・処置等2 なし - - 22.63 - -  
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 9.98 - -  
肺、縦隔 (左右の肺と肺の間の部分)、胸壁 (肋骨や胸筋)、横隔膜等の外科治療を呼吸器外科専門医2名で担当しています。最も多い疾患は肺がんです。胸腔鏡下手術を積極的に導入し、肺がんの90%以上を胸腔鏡で切除し、安全で安心な医療の提供に努めています。

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 76 23.39 25.09 80.26% 81.93 パス18
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 29 10.00 5.18 10.34% 50.48  
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 27 14.15 18.81 66.67% 73.44  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 22 22.00 23.36 90.91% 73.27  
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 17 46.82 18.74 64.71% 63.65  
当院では脊椎外科を除いた外傷・関節外科を行っています。その中には骨盤骨折等の重度多発外傷の治療、変形性関節症に対する人工関節手術、膝・足関節に対しての関節温存手術である骨切り術等が含まれます。当院は高度救命救急センターを有しており、その為多くの外傷患者を治療を担っております。高齢化によりまた骨粗鬆症の要因も加わり、大腿骨近位部骨折が多く、骨接合や人工骨頭挿入を多数行っています。そのため高齢の女性患者が多く、入院患者の平均年齢が高くなっています。変形性股関節症に対する人工関節置換術については、50歳未満の比較的若い患者さんに対しては自分の関節を温存することを第一に、骨切り術などの関節温存術を検討致します。60歳以上の方で関節の磨耗や破壊、変形が高度で強い痛みを伴うような場合には、より快適な生活をおくるため、患者さんが希望すれば人工股関節置換を行います。
 
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 26 8.81 12.87 3.85% 52.88  
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1 なし 19 3.53 4.76 0.00% 45.95  
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 15 2.73 6.27 0.00% 64.60  
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 15 12.27 12.57 0.00% 28.87  
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 14 8.36 7.71 0.00% 77.14  
形成外科は基本は創傷処置をはじめとする外傷学ですが、先天奇形、再建、マイクロサージェリー、顎顔面外科レーザー治療へと拡がりを見せています。具体的には、(1)良性、悪性腫瘍の切除と再建 (2)新鮮外傷 (3)顔面骨骨折 (4)手の外傷 (5)熱傷(6)瘢痕とケロイド (7)褥瘡・糖尿病性潰瘍 (8)劇症皮膚感染症 (9)手足、顔面の先天奇形 (10)顎顔面変形に対する治療 を主に行っています。  上記図表に示しますように、平均在院日数を当院と全国平均と比較しても、当院で治療を受けた患者はより短い期間で退院できています。これは確実で合併症の少ない手術による速やかな病状の回復と、併せて社会復帰に向けての早期のリハビリテーションの結果であると自負しています。
 
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 119 3.32 7.48 0.84% 20.20  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 67 11.91 9.68 34.33% 72.99 パス19
パス20
010030xx01x0xx 未破裂脳動脈瘤 脳動脈瘤頸部クリッピング等 手術・処置等2 なし 35 15.66 15.33 8.57% 65.54  
010230xx97x00x てんかん 手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 34 13.62 17.01 8.82% 16.12  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 28 9.39 8.18 42.86% 59.50  
くも膜下出血や未破裂脳動脈瘤、脳血管外科、脳血管内治療、脳腫瘍、てんかんの外科治療等を中心に脳神経外科全般の治療を行っています。てんかんは、全国各地から患者さんが来院しています。脳卒中に関しては、県央・離島地域を中心としたN-SHOT (長崎医療センター脳卒中ホットライン)ならびにI-SHOT(長崎県離島脳卒中ホットラン) システムを構築し、救急科、神経内科、放射線科、臨床検査科、離島の医師等と連携して、発症から少しでも早く専門的治療が行えるような体制をとっています。その結果、超急性期脳梗塞症例に対する経静脈的血栓溶解療法や脳血管内治療による血栓回収療法を行う患者さんが増加傾向にあります。
 
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx0101xx 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 16 24.81 22.56 0.00% 66.56  
050163xx9900xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 13 5.85 8.44 0.00% 76.77  
050163xx01x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等2 1あり 12 31.75 28.61 33.33% 76.67  
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 1あり 11 25.45 22.22 18.18% 71.82  
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 11 22.45 17.53 18.18% 77.45  
超低出生体重児動脈管開存症・心室中隔欠損症等の先天性心疾患の外科的治療、後天性心疾患の弁形成術・人工弁置換術・冠動脈バイパス術等、慢性閉塞性動脈硬化症に対する開腹も含めたバイパス手術・カテーテル治療を行っています。また、急性動脈閉塞に対する緊急手術、下肢静脈瘤・深部静脈血栓症等の静脈疾患に対する外科的治療等も行っております。胸部大動脈瘤の治療については、人工血管置換術に加え、オープンステントの併用やカテーテルによるステント治療等も行っています。
 
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 20 4.15 7.71 0.00% 77.60  
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 17 9.35 12.87 0.00% 59.24  
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1 なし 15 3.93 4.06 0.00% 48.13 パス22
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 13 10.69 9.12 7.69% 69.00 パス21
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - - 10.20 - -  
080190xxxxxxxx 脱毛症 - - 3.38 - -  
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 3.81 - -  
皮膚腫瘍やウイルス性皮膚疾患、湿疹皮膚炎、角化症などの難治性皮膚疾患を中心とした診療を行っています。
 
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 84 2.07 2.54 0.00% 70.31 パス23
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 81 5.69 5.67 0.00% 63.42 パス25
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2 なし 75 7.07 7.13 0.00% 70.91
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病 なし 69 2.97 4.13 0.00% 70.68  
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 28 14.61 9.96 0.00% 73.14  
高齢化に伴い泌尿器悪性腫瘍 特に前立腺癌の増加が目立ちます。PSA検診からの紹介、前立腺生検、腹腔鏡下前立腺全摘出も 年々増加し、膀胱がん症例も増加しています。また当院の特徴である救急救命センターには尿路結石関連の患者も多数搬送されており、 緊急の尿管ステント留置やレーザーを用いた結石破砕術も増加しています。
 
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 84 10.35 9.45 0.00% 34.25 パス26
パス27
パス28
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 58 3.00 4.44 0.00% 58.14  
120170x199xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 手術なし 43 13.84 21.68 4.65% 31.16  
120180xx02xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 骨盤位娩出術等 33 16.55 7.97 6.06% 32.79  
12002xxx01x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 31 11.42 11.96 0.00% 51.65  
妊娠・出産に関する産科、周産期医療、がんや良性腫瘍の手術・治療を行っています。また、異常分娩、子宮外妊娠などの救急医療も担っています。特に、産科・周産期領域では、長崎県の総合周産期母子医療センターとして、母体胎児集中治療室 (MFICU) 6床および新生児集中治療室 (NICU) 9床を有し、小児科とともに周産期医療に力を入れています。さらに、婦人科がん治療センターとして、子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんという婦人科領域の3大がんを中心に、手術、化学療法 (抗がん剤治療)、放射線治療等の集学的治療を行っています。子宮頸がんに対する広汎子宮全摘術では、神経温存手術で術後患者のQOLの改善に効果を上げています。
 
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 535 2.04 2.76 1.31% 74.63 パス29
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 30 6.80 8.97 0.00% 60.83 パス30
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 30 2.90 5.65 3.33% 71.23  
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり 片眼 28 5.61 5.79 0.00% 66.71  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 27 3.89 6.49 3.70% 66.37  
白内障や網膜剥離、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症などの網膜硝子体疾患、緑内障・ぶどう膜炎などの難治性疾患を中心に診療を行っています。
 
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx0100xx 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 30 13.33 13.68 0.00% 70.27  
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1 なし 28 7.75 8.50 0.00% 61.14
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 25 6.88 7.94 0.00% 15.64 パス31
パス32
03001xxx99x30x 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病 なし 25 46.36 25.61 0.00% 63.52  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 22 7.36 7.20 0.00% 60.23  
頭頸部領域の腫瘍や慢性中耳炎、慢性副鼻腔炎等の難治性疾患に対して、外科的治療を中心に行っています。抗がん剤併用放射線治療などの形態温存治療にも力を入れています。
 
救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 3.30 8.18 0.00% 50.20  
160400xx99x0xx 胸郭・横隔膜損傷 手術なし 手術・処置等2 なし - - 8.98 - -  
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.68 - -  
130090xx97x0xx 貧血(その他) 手術あり 手術・処置等2 なし - - 10.51 - -  
160400xx97x0xx 胸郭・横隔膜損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし - - 11.05 - -  
160450xx99x00x 肺・胸部気管・気管支損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.70 - -  
160690xx97xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) その他の手術あり - - 25.89 - -  
160700xx99xxxx 鎖骨・肩甲骨の骨折 手術なし - - 10.56 - -  
高度救命救急センターは、第1次・2次の救急医療機関や消防機関との連携のもと、緊急度の高いあるいは重症や複数の診療領域にわたるすべての救急患者に対して、24時間体制で高度な救急医療を提供しています。その主な役割として1.救急外来、2.重症管理、3.病院前救急医療、4.離島救急医療支援、5.災害医療、6.教育・学術活動、7.政策医療等があげられます。
1.救急外来;地域における救急患者の最後の砦として、walk in受診、救急隊からの収容依頼または転院搬送依頼等断らない医療を実践しています。
2.重症管理;緊急度や重症度が高い症例に対し、人工呼吸器、急性血液浄化、体外循環等の高度な重症管理を行っています。
3.病院前救急医療;長崎県ドクターヘリ基地病院として長崎県全体の救急医療の要としても機能しています。当院敷地内大村消防署久原分署と連携して医師を現場派遣するシステム(EMTAC)を運用しており、当院近隣においても救急医の現場派遣できる体制となっています。
4.離島救急医療支援;離島救急医療支援として画像伝送システムによる診療支援及びドクターヘリ・自衛隊ヘリ・防災ヘリにて離島からの救急患者搬送も積極的に行っています。
5.災害医療;長崎県における基幹災害拠点病院・原子力災害拠点病院、国立病院機構における九州ブロック基幹病院として災害対応可能な病院の体制と災害医療派遣チーム、原子力災害医療派遣チーム、国立病院機構初動医療班などを有し、有事に活動を行っています。
6.教育・学術活動:医学生、医師、看護師の教育のみならず消防機関、自衛隊等からも実習の受入を行い組織横断的な教育を行っています。初期研修医、看護師、消防機関、警察機関、自衛隊等には救急、災害医療に関わるoff the job trainingを行っています。また学会、共同臨床研究等も積極的に参加し、地方会、全国学会を含め年間10回以上の発表を行っています。
7.政策医療;メディカルコントロール協議会、県医療計画部会、その他行政による救急医療に関わる各種委員会に参加し、政策医療の策定に関与しています。 上記のように高度救命救急センターの役割は多岐にわたりますが、診療においては救急科と各診療科のチームにより高度かつスピーディで垣根のない救急医療を提供し、患者さん改善に最善を尽くしています。
 
■ 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数 ファイルをダウンロード
  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 85 13 11 57 93 35 1 8
大腸癌 51 31 85 75 21 66 1 8
乳癌 63 72 14 - - 36 1 8
肺癌 65 22 75 139 46 138 1 8
肝癌 - 22 30 - 14 163 1 8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がんと呼ばれる胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がんの患者さんの初発のUICC病期分類別、および再発患者は期間内の患者数を集計しています。当院は、長崎県県央地域 (諫早市、大村市、東彼杵郡) の地域がん診療連携拠点病院として、5大がんすべてに対する内科的治療、外科的治療、放射線治療を行っています。また、県南地域 (雲仙市、島原市、南島原市) からも多くの患者さんが来院され治療しています。早期癌から末期癌まで幅広く診療を行い、ガイドラインに基づいた治療を実施しております。
 
■ 成人市中肺炎の重症度別患者数等 ファイルをダウンロード
  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 17 14.06 59.59
中等症 80 14.38 76.58
重症 23 23.61 80.61
超重症 - - -
不明 - - -
最も患者数が多いのは中等症の患者さんです。また、重症度が上がる毎に治療に日数を要していることがわかります。成人市中肺炎診療ガイドラインでは、軽症の患者さんは主として外来診療になりますが、先天性疾患やがんの既往があり重傷化が危惧される患者さんの場合、入院治療となることもあります。
 
■ 脳梗塞の患者数等 ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 219 25.46 75.65 50.42%
その他 19 15.74 76.47 4.62%
脳梗塞は、『発症からできるだけ早く専門的治療が開始されるか否か』がその後の経過に大きく関わります。そのため、当院では少しでも早く治療が開始できるようNMC-SHOT (長崎医療センター脳卒中ホットライン) を創設し早期治療に力を入れています。
そのため、発症3日以内の急性期脳梗塞の患者さんが8割を越え早期の専門的治療が開始できています。脳梗塞の患者さんの平均年齢は高く、後期高齢者 (75歳以上)が多いですが、早期治療開始により入院期間が短くなっています。しかし、約半数は継続的に入院しリハビリが必要です。リハビリについては、より専門的施設に依頼しています。
 
■ 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで) ファイルをダウンロード
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 80 1.76 4.29 2.50% 60.45 パス34
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 等 79 0.99 1.96 0.00% 40.59 パス37
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 等 58 2.71 11.93 10.34% 70.67 パス35
パス36
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 等 36 0.44 7.86 0.00% 40.03  
K655-22 胃の悪性腫瘍 胃切除術等 30 1.70 11.20 - 69.93  
肝臓・胆道・膵疾患外科 肝胆膵外科分野において取り扱った術式は腹腔鏡下胆嚢摘出術が最多でした。本術式は急性胆嚢炎に対して緊急手術として行われることも多く、内科、放射線科、麻酔科などとの連携のもと迅速な対応が必要です。当院は県央地区の最後の“とりで”としての役割を果たしており、救急車での搬送も多く当日の緊急手術も頻繁に行われています。一方で、多くの高難度手術にも取り組んでいます。日本肝胆膵外科学会で高度手術と認定されている手術、肝臓葉切除や膵頭十二指腸切除術などを年間に50例以上行っております。肝胆膵癌は消化器癌の中でも悪性度が高く、進行が速い場合は手術ができない場合もあります。当院では、消化器内科と連携して抗癌剤を投与し、癌を縮小させることで根治手術可能とする手術前治療も積極的に取り入れています。放射線治療、抗癌剤治療と手術とを組み合わせることで肝胆膵がんの予後は次第に改善しています。また、肝胆膵手術は、大きな侵襲を伴い、患者さんに大きな負担をかけてきました。私たちは患者さんの負担を減らし、かつ、“きず”を小さくすることで痛みが少なく社会復帰の早い内視鏡手術を積極的に取り入れています。腹腔鏡下胆嚢摘出術もその一つです。肝胆膵外科チームは、内視鏡外科技術認定と肝胆膵高度外科技能認定の双方の資格を有した専属医師が手術を担当するため手術の根治性を低下させることはありません。当院ホームページに当科の紹介もありますので合わせてご覧ください。
 
乳腺外科・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 等 44 0.98 3.66 0.00% 60.80  
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 34 1.00 5.76 - 65.00 パス38
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの) 32 1.18 6.37 - 58.34 パス39
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。)) 8 1.00 4.25 - 59.50  
乳癌の手術では、乳房温存術や全摘術を行い、患者パスにてほとんどの方が術後4~6日で退院されます。また、形成外科による再建術も可能です。 センチネルリンパ節生検は、ラジオアイソトープと色素の併用法にて術中迅速病理診断を施行しています。化学療法や放射線療法は手術以外にとても重要な治療法です。がん治療学会専門医、乳癌学会専門医、放射線治療専門医、がん薬物療法認定薬剤師、がん化学療法看護認定看護師、がん放射線認定看護師、緩和ケア認定看護師のほか、がん病態栄養専門管理栄養士などの専門性をもった多職種で患者に寄り添ったケアをしています。 また、バセドウ病、甲状腺癌の手術も行っており、当院では内視鏡補助下手術が可能な病院です。当科の診療につきましては、紹介ホームページがございますので、こちらも併せてご参考ください。
 
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 46 1.15 7.54 56.52% 69.93 パス40
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 30 1.30 6.03 26.67% 69.20  
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 10 4.00 4.50 0.00% 38.00  
K5132 胸腔鏡下肺切除術(部分切除) 等 - - - - -  
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 - - - - -  
肺がんの手術が主となります。可能な限り患者さんの負担を小さくするように鏡視下手術を積極的に取り入れています。鏡視下手術により術後の日数も短くなっています。
 
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 63 2.35 20.24 63.49% 75.65  
K0821 人工関節置換術(膝) 等 38 2.53 17.32 92.11% 72.92  
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 35 4.77 21.06 28.57% 58.06  
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 27 2.74 21.93 96.30% 80.44 パス41
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 22 1.09 4.73 0.00% 42.36  
高度救命救急センターを有しており、多くの外傷患者を治療しています。 また、大腿骨頚部骨折患者も多数手術しています。骨粗鬆症を起因とする代表的な骨折で高齢の女性に多く発生します。そのため入院患者の平均年齢が高くなっています。変形性股関節症に対する人工関節置換術については、50歳未満の比較的若い患者さんに対しては自分の関節を温存することを第一に考え、骨切り術などを検討致します。50歳以上の方で関節の磨耗や破壊、変形が高度で強い痛みを伴うような場合には、より快適な生活をおくるため、患者さんが希望すれば人工股関節置換術を行います。
 
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0021 デブリードマン(100cm2未満)(褥瘡) 等 24 5.17 12.75 20.83% 55.96  
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(2cm未満)(母斑) 等 17 0.47 1.24 0.00% 42.35  
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)(悪性) 等 16 1.00 11.50 0.00% 77.88  
K0053 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(4cm以上)(母斑) 等 12 0.58 2.75 0.00% 50.83  
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(2cm以上4cm未満)(母斑) 等 10 0.30 1.20 0.00% 34.20  
先天性あるいは後天性に生じた変形や機能障害に対して外科的手技を駆使することにより、形態・機能を回復させ、さらには精神的な安寧をもたらす外科治療分野で、患者さんの社会生活の質向上に貢献するものです。具体的には、体表面の良性・悪性腫瘍の切除と再建、新鮮外傷、顔面骨骨折、手の外傷、熱傷、瘢痕とケロイド、褥瘡・糖尿病性潰瘍、劇症皮膚感染症、手足・顔面の先天奇形、顎顔面変形の治療を行っています。
 
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 60 0.15 12.07 38.33% 76.97 パス42
パス43
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 等 51 1.67 30.14 39.22% 66.61  
K178-4 経皮的脳血栓回収術 26 0.08 24.88 84.62% 76.19  
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内)(高血圧) 等 25 0.16 36.68 100.00% 74.08  
K154-2 顕微鏡使用によるてんかん手術(焦点切除術、側頭葉切除術、脳梁離断術) 等 25 2.28 15.36 20.00% 9.44  
未破裂脳動脈瘤に対する脳動脈クリッピングが多数を占めています。次は、硬膜下血腫に対する手術です。急性硬膜下血腫等の頭蓋内血腫に対する手術も多数施行しています。高度救命救急センターを有し、NMC-SHOT (長崎医療センター脳卒中ホットライン)により、24時間365日、脳卒中の緊急対応を行っています。てんかんに関しては、全国から多くの患者さんが受診し外科的治療を行っています。
 
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5522 冠動脈バイパス移植術(2吻合以上) 等 14 5.07 24.79 14.29% 71.00  
K5551 弁置換術(1弁) 等 13 8.38 25.92 0.00% 66.69  
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 等 11 2.27 11.64 0.00% 72.73  
K5602 大動脈瘤切除(弓部大動脈) 等 - - - - -  
K5943 不整脈手術(メイズ手術) - - - - -  
循環器内科との連携により、患者さんの状態、病変の状況等により患者さんにとって最良の手術を行っています。また、大動脈瘤 (腹部・胸部) に対しても、患者さんの状態・希望等を考慮して、人工血管置換術やステントグラフト内挿術を選択し実施しています。なお、詳細は病院ホームページ内、診療部門の紹介、診療科(心臓血管外科)の年間診療・手術実績をご覧ください。
 
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 等 22 1.00 2.14 0.00% 77.64  
K0061 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径3cm未満) 等 - - - - -  
K0052 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - - - - -  
K0051 皮膚,皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 等 - - - - -  
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外) 長径6センチメートル以上12センチメートル未満 等 - - - - -  
悪性腫瘍に対する手術が大多数を占めています。また、皮膚・皮下腫瘍の摘出術が多くなっています。
 
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 等 81 1.57 3.23 0.00% 63.10  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用) 等 73 1.29 4.77 0.00% 70.67  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術(Endourology) 等 70 0.40 3.36 4.29% 71.19  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 35 2.74 9.49 2.86% 72.20  
K783-3 経尿道的尿管ステント抜去術(Endourology) 等 32 1.09 1.28 0.00% 67.72  
泌尿器科手術はほとんどが内視鏡や腹腔鏡に移行しており 腎癌、腎盂尿管がん、浸潤性膀胱がん 前立腺癌はほとんどが腹腔鏡手術で行われています。スタッフ全員が泌尿器腹腔鏡技術認定医を持っており、腎部分切除術も積極的に行っています。また当科は腎不全外科領域の手術も多数行っており、バスキュラーアクセス手術、CAPD関連手術も当科が施行しており、腎移植もスタッフ全員が日本移植学会移植認定医であり、腎臓内科と連携して腎移植施設としてこれまで140例以上 特に献腎移植は71例と全国有数の症例数です。
 
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 等 91 8.24 7.20 0.00% 33.55 パス44
パス45
パス46
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 等 64 7.97 6.06 0.00% 33.13 パス47
パス48
パス49
K879 子宮悪性腫瘍手術 25 2.16 12.60 0.00% 54.32  
K9061 子宮頸管縫縮術(マクドナルド法) 22 0.64 16.32 9.09% 33.14  
K861 子宮内膜掻爬術 22 0.27 0.27 0.00% 53.36  
長崎県の総合周産期母子医療センターとして、合併症妊娠や多胎妊娠の妊婦さんや胎盤位置異常の妊婦さんを多く受け入れています。そのため帝王切開術が一番多くなっています。また、婦人科がん治療センターとして、子宮がん患者さんに対する子宮全摘術も多くなっています。
 
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 等 540 0.03 1.06 1.30% 74.78 パス50
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 等 76 0.00 3.97 1.32% 64.04 パス51
K2682 緑内障手術 流出路再建術 等 21 0.00 6.00 0.00% 62.81  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 等 18 0.00 2.89 0.00% 64.50  
K224 翼状片手術(弁の移植を要するもの) 16 0.00 0.63 6.25% 70.44  
一番多い手術は白内障に対する水晶体再建術です。その大半は、白内障自体が非常に進行したものや、チン氏帯が脆弱であるもの、他疾患合併症例など難症例です。また、緑内障に関してはこれまでの線維柱帯切開術や切除術に加えて、より侵襲の少ない水晶体再建術併用眼内ドレーン挿入術を施行できるようになりました。従来通り網膜剥離などの緊急疾患にも幅広く対応しております。
 
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 等 26 0.96 5.00 0.00% 20.85  
K309 鼓膜(排液,換気)チューブ挿入術 等 23 0.13 0.48 0.00% 3.74 パス52
パス53
K4611 甲状腺部分切除術(片葉のみ) 等 18 1.00 5.72 0.00% 61.89  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数)副鼻腔手術) 等 15 1.33 4.53 0.00% 66.07 パス54
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満)(耳鼻咽喉) 14 0.14 1.64 0.00% 67.07  
中耳炎、慢性扁桃炎に対する手術治療、慢性副鼻腔炎等に対する内視鏡下鼻・副鼻腔手術が多数を占めています。咽頭、鼻、耳等への良性疾患への手術のみならず、当科の特色として、頭頸部がんに対する手術を積極的に行っています。
 
肝臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 等 167 3.14 12.61 6.59% 71.52  
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 79 1.67 6.62 0.00% 75.75 パス55
パス56
K533-2 内視鏡的食道・胃静脈瘤結紮術 等 45 2.38 10.31 4.44% 64.64  
K708-3 内内視鏡的膵管ステント留置術 40 3.95 9.98 2.50% 59.78  
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ) 等 28 4.00 6.50 7.14% 72.54  
肝細胞癌は、慢性肝炎を基礎として発生することが多く、その多くはこれまでウイルス性肝炎(C型、B型)が多くを占めておりました。肝細胞癌の制御のためには、背景の肝疾患をきちんと管理することが重要です。肝細胞癌の発生の予防と肝予備能維持を目的として、当科ではウイルスに対する治療を積極的に進めました。その結果、背景肝病変の状態が改善し、肝細胞癌の発生を著明に減少させ、また、肝細胞癌患者の予後も著明に改善させています。10年以上の生存患者は増加傾向を辿っています。近年、非アルコール性脂肪肝炎NASH患者の増加が問題となっており、それによる肝細胞癌が多く見られるようになっています。肝臓の状態を把握するためには、肝生検で炎症や線維化を把握することが重要ですが、経過を見るために当科では肝臓の硬さをフィブロスキャンという装置やM2BPGiといった血液検査を用いて判断しています。肝細胞癌の発生リスクが高い症例を見極め、超音波やCT、MRIを駆使し、肝臓病を細やかにマネジメントしています。
近年、胆管炎、膵炎、胆管癌、膵癌などの胆膵疾患の急速な増加が問題となっています。一つの重要な要因として高齢化があげられます。これらの疾患は緊急入院を必要とすることが多く、胆管炎、膵炎、閉塞性黄疸などはERCP関連治療を必要とします。また、膵癌、胆管癌、胆嚢癌は早期発見が重要ですが、これらに関して超音波内視鏡検査や、ERCPでの細胞診などを積極的に行い、早期発見に努めています。外科、放射線科との合同カンファランスを行い、手術、放射線治療、化学療法の適応を見極め治療に当たっています。今後も高齢化は進行しているため、胆膵疾患はさらに増加していくことが予想されます。当科では、その状況に対応すべく診療体制を作っています。
 
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 137 1.04 1.65 0.73% 65.99  
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍胃粘膜) 等 55 1.29 6.49 3.64% 73.76  
K654 内視鏡的消化管止血術 等 40 2.08 9.03 7.50% 71.55  
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 36 1.00 6.06 2.78% 68.67  
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル以上 等 28 1.79 5.07 7.14% 69.71  
食道、胃、十二指腸、小腸、大腸の腫瘍性病変に対する内視鏡治療に注力しています。内視鏡的粘膜切除術 (EMR)のみならず早期癌 (食道癌、胃癌、大腸癌)に対し内視鏡的粘膜下層剥離術 (ESD)を主に実施しています。患者さんの病態・状況等によって、外科と連携し、内視鏡的治療・外科的治療を選択し実施しています。
 
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 92 2.82 3.27 1.09% 71.14 パス57
パス58
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術 心房中隔穿刺又は心外膜アプローチを伴うもの 等 78 1.92 2.90 0.00% 63.24  
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 等 41 1.46 2.00 0.00% 69.27 パス57
パス58
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 26 2.19 5.69 0.00% 73.38  
K5481 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの) 高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテルによるもの 17 1.94 4.47 5.88% 73.06  
主な手術は、冠動脈インターベンション (PCI) です。狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患の冠動脈狭窄・閉塞に対し、ステント留置術、形成術、バルーン拡張、レーザー治療など、病変や患者さんの状況・状態に合わせた治療方法を選択し実施しています。
 
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの 等 61 7.93 9.61 1.64% 68.38  
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 初回 等 41 0.56 2.14 0.00% 72.16  
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 1の実施後3月以内に実施する場合 等 - - - - -  
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 等 - - - - -  
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 - - - - -  
泌尿器科との密な連携により、内シャント造設や腎移植等の腎不全外科手術にも参加して診療に当たっています。また、血液透析患者の内シャント狭窄に対しては、シャント閉塞に進展し再手術せざるを得ない状況となり得るため、経皮的血管形成術を施行して安定した透析を行うことができるように努めています。
 
■ その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率) ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 11 0.09%
180010 敗血症 同一 31 0.25%
異なる 22 0.18%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 44 0.36%
異なる - -
播種性血管内凝固症候群 (DIC) や敗血症については、DPC/PDPSは入院医療費が平均的に高くなる疾患として、高額な診療点数が設定されています。そのため、臨床的な根拠が乏しいにもかかわらず当該診断群分類を選択している場合があると疑われているところです。DPC研究班データによると、DICは、「同一0.05%」「異なる0.21%」(H25伏見班データ)、敗血症は「同一0.25%」「異なる0.30%」(H23伏見班データ)でした。
DPCのコーディング体制は、医師の記載等を他の医師や診療情報管理士等により専門的に監査を行い、適切なコーディングを行うことに努めています。

更新履歴
2021/9/29 令和2年度 病院指標を公開いたしました。