臨床検査科このページを印刷する - 臨床検査科

概要

臨床検査では『正確で迅速なデータの提供』を理念に、患者さんから採取した血液などの検体検査や心電図・脳波などの生理検査を専門に行っている部門です。


【検体検査】
血液、尿、便、痰、手術により切り出された組織、穿刺液等を用いて行う検査で、肝機能検査や生活習慣病の血糖・尿糖検査、貧血検査、がん細胞検査等がこの中に含まれます。


【生理検査】 
直接身体に接して体内からの情報や変化の状態を数字や画像に変更し て目で見えるようにする検査です。
心電図検査や脳波検査がその代表的な検査でありますが、最近では超音波(エコー)検査の依頼が多くなっています。


国際規格ISOを取得しています