放射線治療このページを印刷する - 放射線治療

はじめに

放射線治療部門
1名の放射線治療専門医と、1名の非常勤医で放射線治療業務を行っております。また、医学物理士と放射線治療専任技師の専門資格を持っている放射線技師がそれぞれ1名と8名、放射線治療専任看護師の専門資格を持っている看護師が1名在籍しております
放射線治部門には外照射を行う放射線治療装置(ライナック)を2台、腔内照射を行う装置(マイクロセレクトロン)を1台、放射線治療計画用CTを1台有しております。
 がんの三大治療の一つである放射線治療。近年、著しく発展している領域がこの放射線治療です。放射線治療には下記のような特徴があります。

患者さんの多くが放射線治療は怖いもので、被爆と似たような副作用が起きるのではないかと考えていますが、決してそうではありません。むしろ、放射線治療だけおこなう場合は、もっとも負担が少ない治療であるといえます。
 放射線治療で用いる装置の発展は目覚ましく、当院でも最先端の放射線治療装置を導入しており、この大村でも先端医療施設と同様の放射線治療を受けることができます。

 


最新放射線治療装置 VARIAN社製 True Beam と放射線治療スタッフ

 


肝細胞癌に対する体幹部定位放射線治療(ピンポイント治療)

対象疾患と診療内容

原発性・転移性を問わず、悪性腫瘍全般(一部の良性疾患を含む)に対して、放射線治療を行っております。治療部位は体中のほぼ全領域を網羅しており、各診療科の主治医とも綿密に連携を取りながら治療方法を決定します。放射線治療の目的についても、病変の完治を目指す根治的治療、できるだけ副作用を抑えつつ症状改善や生活の質向上を目指す対症的治療、手術後に腫瘍の再発を抑える予防的治療など様々です。

小さな限局性の病変に対しては、多方向からピンポイントで病変部を狙い撃つ定位放射線照射(いわゆるピンポイント照射)も行っており、これにより周囲臓器への負担の軽減と治療期間の短縮を図っております。この技術はCT搭載型の高精度放射線治療装置を用いて、毎回ミリ単位で正確に治療部位を調節しながら治療することによりはじめて可能となります。

また体外から照射する放射線治療以外に、腫瘍のすぐ近傍にチューブを挿入して、チューブ内に放射線の線源を停留させることにより腫瘍への集中的な放射線照射を行う腔内照射も実施しています。これにより子宮頸癌などに対して、治療効果を向上させることができます。県内でこの治療法が可能な施設は当院と長崎大学病院、長崎市民病院のみです。