看護師特定行為研修このページを印刷する - 看護師特定行為研修

特定行為とは

診療の補助であり、看護師が手順書により行う場合には、実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能が特に必要とされる行為です。(現在、21区分38行為あります)

特定行為研修とは

看護師が手順書により特定行為を行う場合に特に必要とされる実践的な理解力、思考力及び判断力並びに高度かつ専門的な知識及び技能の向上を図るための研修であって、特定行為区分ごとに特定行為研修の基準に適合するものとなっています。

 

手順書とは

医師又は歯科医師が看護師に診療の補助を行わせるために、その指示として作成する文章であって、「看護師に診療の補助を行わせる患者の病状の範囲」、「診療の補助の内容」等が定められているものです。

 

※厚生労働省ホームページ「特定行為に係る看護師の研修制度」より抜粋