勉強会についてこのページを印刷する - 勉強会について

勉強会

CPC

  • CPC
研修医は、研修期間で必ず1回は症例発表を行います。
※2020年度は8月・9月・10月・12月・3月に開催。

救急画像診断勉強会

  • 救急画像診断勉強会
2020年より開始した救急画像診断勉強会は、2週間に一度、放射線科の先生主催により実施しております。
毎回多くの先生が参加されています。

Cancer Board(キャンサーボード)

癌診療を専門とする医師が参集して、横断的に診療方針を検討します。

院外講師招聘

  • ローレンス・ティアニー先生

    モーニングカンファレンス(2019年11月12日)

カリフォルニア大学
ローレンス・ティアニー先生 来院

学会発表(院外)

優れた医師にはバランスの取れた「診療、研究、教育」能力が必要です。臨床研究はキャリア形成に大変重要な要素です。
本院では「リサーチマインドの熟成」を大切にしています。
春には臨床研究センターで「研究のしかた」の講義があり、臨床研究のお手伝いをしています。研究テーマの決め方・プレゼンテーションスキル・統計処理の仕方などが講義されます。
研修医は2年間で必ず2回の学会発表を行います。熱心な指導医のもと、完成度の高い学会発表ができます。
学会発表者には国内外問わず、何回でも出張費が助成されます。
学会発表が終わった瞬間に「一生忘れない達成感」を覚えます。

学会発表(院内)

  • 院内学会発表の様子
新型コロナウイルス感染状況の拡大後、2020年度は多くの学会が中止になりました。 また、2021年度もオンラインでの学会開催が増え、実地での発表の機会を持つことが出来ない状況を憂いた指導医の先生方により、研修医の学会発表の場として院内学会を開催しています。

研修医主体の初期診療セミナー

毎週金曜日の朝8時から30分間、初期診療セミナーが開催されます。
研修医が主体となり企画し、2年間で学ぶべき実践的な必須項目を全員で身につけます。
2年次研修医および各科指導医が講師を務めます。「教える」立場から自分のテーマを決めて、2年次の5月から順次講師を務めます。「教える」ことが最大の学びという観点から研修医にも担当してもらいます。

2年次研修医対象 実技・筆記試験を実施

2つの試験で、2年間の自分の臨床能力の成果をはかります。

 

■実技試験(OSCE=縫合・心電図・診察・ACLS・読影)
 実技試験は、各診療科指導医が試験官となり行われます。

       
 

■筆記試験(JAMEP主催:基本的臨床能力評価試験)

 筆記試験は日本全国の病院で実施されているJAMEP主催試験です。

国立病院機構の教育研修事業

  • 【専修医等海外(VA)留学報告会】

1.良質な医師を育てる研修
2.NHOフェローシップ
3.専修医等海外(VA)留学制度(約1ヶ月)

リンク:国立病院機構(ホームページ)