専攻医(後期研修)についてこのページを印刷する - 専攻医(後期研修)について




長崎医療センターは、長崎県大村市にある病床数643床、37診療科を有する地域中核病院です。大村市は人口9.5万人の地方都市であり、周辺の市町村、離島などを含めると50万人前後の医療圏となりますが、1-3次救急までを扱う高度総合病院が当院のみという状況であるため、多くの患者が来院し、症例の種類、数が豊富です。
プライマリケア習得を目指す、ローテート形式の初期研修は1971年からスタートし、
常時40名以上の初期研修医が在籍しています。卒業生は当院も含め、全国各地で活躍されています。
2018年から開始となった新専門医制度では、当院は6領域の専門研修プログラムを持っています。いずれのコースも豊富な症例数と充実した指導体制の中で研修可能です。
詳細は、各プログラムをご覧ください。見学、プログラムに関するご質問は随時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。




  • 専攻医プログラム
  • 募集要項
  • 病院見学会