チーム医療このページを印刷する - チーム医療

チーム医療

看護師が参加する院内組織の活動を紹介します。
組織名 主な活動と看護師の役割
ICT
(感染対策チーム)
病院感染の未然の防止と感染対策の質の向上を図ることを目的に、院内感染の情報把握と分析、サーベイランス、ファシリティマネジメントを行っています。スタッフの役割モデルであるリンクスタッフへの教育指導や手順の見直しなどを行っています。
NST
(栄養サポートチーム)
患者さんの栄養状態を評価し、最もふさわしい方法で栄養状態を良好に保つことを目的に活動しています。看護師は、早期介入に向けて、入院時全患者さんのスクリーニングや、栄養管理に伴う合併症の予防や早期発見に努めています。
医療安全推進部会 組織横断的に院内の安全管理を担うため、毎日午後より後退で医療安全管理者とともに活動しています。ヒヤリハット報告の状況確認や要因分析、予防策の検討など、他職種と連携をとり対応しています。
また、グループ活動では、様々な取り組みを行い、各職場への周知徹底を図っています。
褥瘡対策チーム 褥瘡発生の危険因子の評価や予防計画の立案、予防ケア実施により院内発生の褥瘡減少と治癒期間の短縮を図っています。ひとつひとつの症例を大切に、適切な褥瘡対策が実施できるようNSTやICT等と連携し取り組んでいます。
緩和ケアチーム 苦痛のスクリーニングや家族のサポートなどを行い、患者さんの身体症状、精神症状の緩和のため他職種のメンバーとラウンドやカンファレンスを行いQOLの向上を目指しています。
がん診療リンクナース がん診療連携拠点病院としてチーム医療の提供と良質ながん看護の提供にむけて、認定看護師や専門看護師を含むリンクナースが活動しています。
RST
(呼吸ケアサポートチーム)
人工呼吸器をつけた患者さんが器械の補助なく呼吸できるようにするために様々なケアをします。口腔環境の評価・合併症予防ケア・早めのリハビリなど、現場の医療者と一緒にチームで話し合い、患者さんの回復をサポートしています。
口腔ケアワーキングチーム 口腔ケアの強化と質の向上のために、歯科衛生士を中心にワーキングチームのコアスタッフとして活動しています。
DMAT 医師・看護師・事務職員で編成されるチームの一員として広域災害訓練等の専門的訓練を受けています。